【綺麗な腸になるために必要なこと…“出す”“入れる”】

先日、友人とお食事に行ってきました。
そこでは、とても可愛らしい“おもてなし”がありました(*^_^*)
折り紙で作られた手作りの箸置き♡
ちょっとしたことですが、スタッフさんの優しさが伝わり、
嬉しくなりました(*^_^*)


さて、今日の投稿は、
前回の続き綺麗な腸になるためのステップ②〈出す〉
についてお伝えします。

〈出す〉と〈入れる〉

あなたの便の状態はどうですか?



便は、腸からの「便り」と言われるように、
食生活や健康状態が分かるとても大切な物。

毎日お通じがあっても、
コロコロしていたり、量が少なかったり、残便感があったり、ゆるかったり…

スッキリと出た感じがしないのなら
それは【美腸】ではなく【汚腸】の可能性が大!

では、スッキリと便を出すためにはどうしたら良いのか?


・水分を摂る
・2種類の食物繊維をバランスよく摂る
・軽い運動



健康な人の便は80%が水分だと言われています。
しっかりと水分を摂ることが大切です。

次に大切なのが“食物繊維”

腸で消化されなかった食べカスが便になりますが、
その食べカスを作るのが食物繊維のお仕事。

さらに、食物繊維は善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれることから、
美腸には欠かせない栄養素です。

根菜類、キノコ類、玄米など…
便のかさを増やし、腸の動きを活発にしてくれる“不溶性食物繊維”
も大切ですが、

主に、
ネバネバ食品や、ワカメやヒジキなどの海藻類、こんにゃくなど

腸に溜まっている便を落としてくれる“水溶性食物繊維”
不足ぎみになりやすいので、積極的に取り入れたいですね(*^_^*)


そして、
次に必要なのが適度な運動。

普段、デスクワークなどで座った体制が多い人は特に
意識して体を動かして、腸の動きを助けてあげることが必要です。

ストレッチをしたり、背伸びをしたり…
無理な運動ではなく、
日常生活の中で取り入れられる動きが嬉しいですね(*^_^*)


〈美腸〉


綺麗な腸を作るためには、

しっかりと出すこと

出すためには、

しっかりと食べること!


食べなければ、便が作られません!

体からの〈お便り〉を見ることが出来なければ
あなたの体を知ることが出来ないのですよ(*^_^*)

そしてもう一つ大切なこと

それは、〈入れる〉


腸内環境を良くするためには、
善玉菌を増やすことが大切です(*^_^*)


善玉菌については、

次回の投稿でお伝えしていきます(*^_^*)

綺麗な腸を作り、

あなたも
体からのお便りを毎日受け取ってくださいね(*^_^*)





最後までお読みいただき、ありがとうございました。

川口あきこ






このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA