【手当て】

「あなたの人生からダイエットを消し去る!」
 北九州市八幡西区のダイエットサロンBeauty Shape 
ダイエットコーチの川口彰子です。

私はカウンセリングを中心としたダイエットコーチングで
一人で痩せることができずに苦しんでいる女性のサポートをしています。

この写真は、サロンでいつも見守ってくれている
私の大好きな陶器の妖精です(*^_^*)



今日の投稿は、
私の想いを少しだけお伝えさせてください(*^_^*)

 

私が、セラピストとしての人生を選択した理由の1つに

 

“手当て”という想いがあります。

 

あなたも覚えていませんか?


小さな頃、


お腹が痛い時や、熱を出した時や、ケガをした時


お母さんや、いつも見守ってくれている人に
そっと手で触れてもらうと、


なぜかホッとして、いつの間にか痛みを忘れていたことを・・・


私は子供の頃、母の手が大好きでした。

でも、手を繋いで歩いた記憶が無いくらい、
私は母に甘えた記憶がありません。

幼稚園に通っていたころ、
母と一緒に お風呂に 入りたくて お願いすると

「一人でゆっくり入りたいから嫌!」

そうハッキリと自分の気持ちを優先する母だったので(笑)


そんな母も、私の体調が悪い時は別でした。

お腹をさすってくれたり、ケガをすれば消毒して絆創膏を貼ってくれたり・・・


凄くやわらかくて、温かい手だったのを覚えています。


優しい手で触れてもらうと、不思議と、痛みもやわらぐんですよね (*^_^*)


手当て


手を当てて治す」

とても単純なことだけれど

そっと触れるだけで心まで癒され安心できる。

手当てとは、ただ治療するだけじゃない。



心とカラダの、苦しみを和らげてくれる、
とても素敵な行為なんですよね(*^_^*)

母に触れてもらうのが大好きだった私は、

今度は母に喜んでもらいたくて
毎日のようにマッサージをするようになっていました(*^_^*)


そして、いつの頃からか

「人に触れる仕事がしたい。癒しを提供できる仕事がしたい。」

そう思うように。


その後、色々な状況の変化で、

私自身が心とカラダのバランスを壊してしまったことから


私のように、一人で誰にも甘えられずに苦しんでいる女性が多いのでは?

そんな風に考えるようになっていました。

一人でも気軽に来れる場所


誰かと話がしたい
誰かに話を聴いてほしい
誰かに「頑張っている」自分を認めてほしい
閉じこもってる自分を解放したい
「頑張らなくていいよ」と言ってほしい



等々・・・・・



自分を追い込み、一人で苦しんでいる女性。
大勢の中に入るのが苦手で、
一人で子育てを頑張っている女性・・・

そんな人たちが気軽に来れる空間。

その空間で、私ができることがある。

色々な経験があったからこそ


心とカラダの“手当て”の出来るセラピストとして
お客様をお迎えしたい。

そう決心しました。


今、私はダイエットコーチとしてダイエット専門サロンを経営しています。

なぜ、ダイエットコーチなのか?


このことを説明すると、また長くなるので別の機会に(*^_^*)

ダイエットを決意した女性は、

カラダだけではなく、心のケアも必要とされています。


ダイエットは、一人で向き合う時間が長くなります。


私が出来ること・・・
私だから出来ること・・・


週に一度、サロンにお越しいただいた時に

私は、 お客様の カラダに触れることで、
心とカラダの状態が把握できます。

そして、抱えていた重しを取り除くことができる。

お互いの信頼関係があってこそ、成り立つ“手当て”



お互いを信頼出来なければ、どちらかの緊張が伝わり
癒しは成立しない。


私がこれからも大切にしたいもの。

ただ、ダイエットの成功だけではなく
心とカラダを癒し、痛み和らげること。


あなたが問題だと感じていることの原因を突き止め
解決へと導く。


触れることで 、あなたの問題が分かる
私だから出来ること。


それが

“手当て”

これからも、このことを忘れずにしていきたいと想い

ブログに投稿させていただきました(*^_^*)


長文を、最後までお読みいただきありがとうございました。

川口 彰子



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA