【なぜ睡眠が、こんなんもダイエットに影響をおよぼすのか】

「あなたの人生から“ダイエット”を消し去る!」

北九州市八幡西区のダイエットサロンBeauty-Shape

ダイエットコーチの川口 彰子です。

 

私はカウンセリングダイエットを中心としたダイエットコーチングで

痩せることができずに一人で苦しんでいる女性のサポートをしています。

 

 

今日は「ダイエットと睡眠について」のお話しです(*^_^*)

 

 

朝起きた時に疲れがとれていない・・・

スッキリと起きられない・・・

 

あなたはどうですか?

カウンセリングをしていると

平均睡眠時間が4~5時間の方が多く感じます。

 

実は、

睡眠の質や時間は、ダイエットの成功に大きく影響しているのです!

 

米コロンビア大学が2005年に行った睡眠調査で

平均7~9時間の睡眠時間の人に比べて、

4時間以下の人の肥満率は73%も高かったという結果も出ています。

 

 

では、なぜ睡眠がダイエットにこんなにも影響するのでしょうか?

 

その理由として大きく関係しているのは

脳内ホルモンの影響があります。

 

 

睡眠中には、“脂肪分解作用のある成長ホルモン”が分泌され、

しっかり眠ると、1日あたり300kcalの脂肪を消費してくれます。

逆に睡眠不足だと90kcal程度。

 

眠っているか眠っていないかで

消費カロリーに210kcalもの差があるのです!

 

 

そして

睡眠は食欲とも深く関わってきます。

 

食欲を抑えてくれるホルモン “レプチン”

空腹信号を送るホルモン “グレリン”

 

 

睡眠不足になると

“レプチン”が減って“グレリン”が増える!!

「寝ないと太る」と言われているのは、

この二つの分泌が最大のポイントです。

 

睡眠不足になると、

ダイエットの大敵である“グレリンの分泌”が増え、

“満腹を感じるレプチンの分泌”が減ってしまうので、

必要以上に沢山食べてしまいがちになり、太りやすくなるのです。

 

 

睡眠は毎日欠かせないこと。

だからこそ

毎日の睡眠の質が、

ダイエットに、そして健康に大きく影響してきます。

 

 

日々の生活で、ついつい後回しに考えがちな睡眠。

 

お仕事があるから・・・

家族の都合があるから・・・

日々の生活のなかでは、みんなそれぞれに事情があります。

 

実は、

そんな不規則な生活リズムの人でも

まとまった睡眠時間を確保できない人でも

今よりも睡眠の質を上げる方法があるのですよ!

 

その方法について

次回の投稿で詳しくお伝えしていきますね *^_^*

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

川口 彰子

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA