キャビテーションとは?

「切らない脂肪吸引」や「奇跡のダイエット」とまで称されるほど話題に!その理由は?



キャビテーション痩身とは、

キャビテーションという機器を身体の気になる部分に当てるだけで、体内の脂肪細胞を分解させて部分痩せできる「切らない痩身技術」です。

これだけ聞くと、そんなのウソでしょ??と思われるかもしれませんね。

でも、欧米などでは痩身機器の主流になりつつある技術で、日本では主に美容外科で脂肪吸引に代わる施術として取り入れられているんです。

仕組みは、特殊な超音波により脂肪細胞を共振させることで多数の気泡が発生し、その気泡が弾けるときに生じる衝撃波で脂肪細胞膜やセルライトに働きかけて脂肪を乳化させます。

乳化した脂肪は、リンパマッサージなどのハンド施術でリンパに流し、汗や尿として体外に排出されたり、エネルギーとして燃焼消費することでサイズダウンします。

 

《キャビテーションの説明図》

※画像をクリックすると拡大表示されます。


 

 

今までの痩身エステの常識を超え、
業界を騒がせた、画期的な“
つ”の特徴

————————————————————————————————————

1)リバウンドとは無縁?

従来の痩身術の多くは、脂肪細胞を小さくすることでサイズダウンしますが、細胞が再び肥大化するとリバウンドしてしまいます。
対してキャビテーション痩身は、脂肪細胞そのものの数を減少させるするため、極めてリバウンドしにくいことが特徴です。

 


2)医療行為ではない?

今まで、脂肪細胞そのものを除去できるような方法は、脂肪吸引などの医療機関での手術によるものでしかなく、痛みや傷などのリスクを抱える上とても高額なので、受療するのはかなり勇気と覚悟のいるものでした。
対してキャビテーション痩身は、メスも使わないので痛みや腫れなどはなく安全・安心
しかも、医療機関だけでなく一般のエステサロンなどで施術を受けられるため、比較的安価です。

————————————————————————————————————

 

これらのことから、キャビテーション痩身の登場は、今までの常識を超えた画期的な痩身技術として、医療機関や美容業界、メディアを騒がせ、「切らない脂肪吸引」や「奇跡のダイエット」とまで称されるほどになりました。

痛みもなく安全で気持ちいい
癒されながら、まるで彫刻の様にボディデザインしていく、夢のような痩身方法なのです。

自己流のダイエットはなかなか長続きしないけれど、やっぱり本当に痩せてみたい!という方は、
このキャビテーション痩身が、あなたの夢を叶えるチャンスかもしれません。

 

 

人気テレビ番組の「くびれ部門」に輝いた本物の実力

キャビテーション痩身が話題となり、大手エステサロンがこぞって導入をはじめた2012年1月。
当時人気テレビ番組だった「ザ・ベストハウス123」(22:00~22:54・2006.11.1~2012.3.14迄フジテレビ系放送)の 2012.1.18の放送で「キャビテーション痩身」が取り上げられました。

その日の番組企画「今、本当に使える美容法をベストハウスが徹底検証!№1を決めちゃいますスペシャル」でキャビテーション痩身が「くびれ部門」№1に選ばれています。

上記の番組内での検証で、ウエスト部分に60分間のキャビテーション施術を3人に実施した結果、


1人目:72.8cm→66.4cm(-6.4cm)
2人目:70.0cm→69.0cm(-1.0cm)
3人目:92.5cm→89.1cm(-3.4cm)


最大-6.4cm、平均で-3.4cmのサイズダウンに成功しています。


※効果には個人差がありますが、これは脂肪の質(硬さ)が大きく影響しています。
しかし、キャビテーション痩身は回数を重ねるごとに脂肪が柔らかくなり、痩せやすい体質へと導いてい行きます。

※キャビテーション痩身は当然、採用機種によって効果も違います。
当サロンは、上記の「ザ・ベストハウス123」に取材協力をした元祖エステ口コミサイト「eエステみつけた」が選ぶ5大キャビテーションの中の1機種を採用しており、中でも唯一日本製の機種を採用しています。
他店で満足できなかったという方も、ぜひお試し下さい。


参考:eエステみつけた「5大キャビテーション比較対決!」のサイト閲覧は[こちら]

 

 

痛くないは当たり前!
「キーンとしない」キャビテーション

当サロンが採用するキャビテーション機器について少しご説明させてください。

「痛くない」キャビテーション施術ですが、ひとつ不快な欠点があります。

キャビテーションでは、25キロヘルツから50キロヘルツといった体の芯まで浸透する音波を使用します。
(※数値の少ない方が高出力なので25キロヘルツが最も効果的)



そのため、施術中のお客様に「キーン」という骨伝導音が発生してしまうのです。約30分もの施術中、これを我慢するのは相当の苦痛を伴います。

つまり、「熱くも痛くもないが、不快」というのがキャビテーションの弱点でした。
そのため、出力を抑えた35キロヘルツから50キロヘルツといった製品が一般的です。

Beauty Shapeは
それでも「効果が高い」にもこだわりたいと思いました。

そこで採用したのが“キャビリポ(Cavi-Lipo)”という機種です。

この機種は、上記でも述べましたように、「eエステみつけた」が選ぶ5大キャビテーションの中の、唯一日本製の機種です。

“キャビリポ(Cavi-Lipo)”は独自の特殊シリコンヘッドを採用しています。

(特許出願中)

シリコンヘッドを使用することにより、今まで金属ヘッドを使った超音波トリートメントで感じていた骨伝導による「キーンと響く嫌な感じ」がほぼ解消されています。


その結果、キャビテーションを行う上で最も効果的な出力とされる25キロヘルツの採用と、骨伝導音の軽減による「不快感の解消」の両方を実現できました。

不可能と思われた、 「効果が高く、気持ちいい」を可能にしたのです。

ですから、今まで不快な骨伝導音が嫌で施術を受けられなかったお客様にも安心してお勧めできます。

「キーン」としない、シリコンヘッドの違いはぜひ、Beauty Shapeにてご体感下さい。

 

 

実験動画をご覧下さい。
脂肪がやわらかくなって「乳化」どんどん溶け出す!

《水と油の乳化》
通常水と油は、分子の大きさが異なるので、決して混ざり合う事はありません。 容器に水をはり、油を少量入れたら、水面に当サロンの採用機種“キャビリポ(Cavi-Lipo)”のヘッドを当てます。 キャビテーションによって、即座に油と水が混じり合っていきます。これを『乳化』といいます。 2分ほどで容器の中の水は真っ白になります。

想像してみてください。あなたの体の気になる部分の脂肪も、こんなふうに…。


動画提供:株式会社ワールドアソシエイツ


「ボディデザイン集中コース」のメニュー(料金表)のページは[こちら]

ご予約・お問い合わせは[こちら]

[HOME]へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加